Bizmates(ビズメイツ)の評判が気になる人向け。毎朝受講し1か月が経過した感想&おすすめ講師紹介!




Bizmates(ビズメイツ)を受講して1か月以上が経過しました。

オンライン英会話って本当にたくさんあるので、Bizmates(ビズメイツ)の評判や実際の口コミが気になっている方も多いのでは。毎朝受講して、1か月が経過したので、感想をまとめておきたいと思います。

Bizmates(ビズメイツ)との出会い

その時私は、仕事で使える英語力を猛烈に身につけたいと思っていました。具体的な仕事の業務内容としては、英語を使ってメールやり取り、定例のオンライン会議、日本に来られた時の監査対応や工場案内など。な、の、に、英語力が足りない…

例えば英作文はGoogle翻訳に頼り切り。「こんな時、英語で何て書いたらいいんだー!!」とYouTubeで検索していた時に出会ったのが、Kyotaさんの英語メールの書き方講座でした。

Kyotaさんの動画がめちゃくちゃ分かりやすくて、今日から業務に使えるものばかり。何度も動画を見ました。既にファンの領域です。「こんなに役立つ情報を配信してくれてるKyotaさんって何してる人?」そして、Bizmates(ビズメイツ)と出会いました。

実は私、過去にNative Camp(ネイティブキャンプ)を受講してました。その時は、そこまで仕事で英語を使う頻度が高くなかったんです。趣味のように楽しく続けてたからこそ、そこまで熱量を持って継続出来ませんでした。

でも今の仕事は「英語を使って仕事をすること」が必要不可欠。自分の言いたいこと伝えたい、相手が何を言ってるのか理解したい、何より、仕事ができるようになりたい…!!

唯一、悩んだのが費用でした。月額料金は、ネイティブキャンプは6,480円、Bizmates(ビズメイツ)12,000円。(2020年現在)およそ5,000円の差。

うーん。5,000円の投資でビジネス英語に特化した、生きた英語の学びができるなら、将来の自分のキャリアのためにも、コスパ良し!と思って決めました。そして実際に、Bizmates(ビズメイツ)が日々のあらゆる業務を助けてくれたんです。選んで良かった。

ビジネスに特化したオリジナル教材の凄さ

ただテキストに沿って学習するだけだと、続かないんです私。…飽きっぽくて。でもBizmates(ビズメイツ)は、実際のビジネスシーンに合った教材で、まるでロープレのように学習できるところがいいなと思います。しかも、自分次第で、どんどん工夫していける余地があるように思います。

最初にテキストを読んで、書いてあった内容について質問されてそれに答える。その後は「あなたはどうなの?」という感じで、自分自身のことについて話せるんです。

自社の顧客について、製品について、採用について、メールについて…。事前にこんなこと話そう!と準備しておいて、それを話すことで、自然と自分の頭に残っていくんですよね。

自分が講師の先生に質問して、先生がご自身の経験を話されるケースもあります。その場合に鍛えられるのがリスニング能力。一所懸命メモ。最初は何を言ってるのか単語しか聞き取れないような状態から、回を重ねていくと「えーと、あなたはこのように言ってました。」と要約して回答出来るように。聞き取れる箇所がちょっとずつ増えていくのは楽しいです。

おすすめ講師の先生を紹介

ここでは、お気に入りの先生を紹介します。人気講師の先生はなかなか予約が取れないので、お気に入りに登録して、その日のレッスンが終了次第、すぐさま予約を取るようにしていました。最初の頃は、色々な先生の授業を受けてみて、お気に入りの先生を見つけていくといいと思います。

Katleen (キャトリーン):ここまで丁寧に授業中にフィードバックしてくれるんだ…と感動。実は初心者の頃は、何度も会話を止めて、間違いを指摘されるのは苦手なタイプでした。でも先生は、相手へ苦手感を与えることなく、Skypeのチャット経由で、この文章の意味はこう、類義語は、言い回しは、等を教えて下さって。フィードバックのありがたさに気づかせてくれた先生です。

Mia E (ミア):発音がネイティブ並みに美しい。どうやったらそんなにキレイな発音になれるの?と尋ねたらYouTubeの「How to connect English words to sound like a native speaker」のおすすめコンテンツを教えてくれました。もちろん、英語はすでにノンネイティブスピーカーのほうが多い言語。フィリピン(一番多い)、南アフリカ、セルビア、色々な国の先生のレッスンを受けて、多彩な発音に触れるようにしてました。

Melle G (メル):私が仕事で扱っている製品の特性上、製品詳細の話になると、ぽかーんとなる講師の方も。そんな時に、大学でエンジニアリングを専攻されていた先生との相性が抜群でした。大学の専攻やキャリアのバックグラウンドから、話をより深く理解してくださる先生を検索で探せるのは、ありがたい。商品紹介プレゼンのレッスンでは、大変お世話になりました。

Nef (ネフ):心理カウンセラーの先生みたく優しくて、癒される。Bizmates(ビズメイツ)は、早朝に受講するビジネスパーソンが多いようなのですが、私も早朝派。夜は残業有無で時間が読めないので。朝起きて10分以内に授業スタート、Bizmates(ビズメイツ)が目覚まし代わりでした。特に疲れてくる週の後半、朝ぼーっとしてる私に、明るく優しく話しかけてくれる先生。心穏やかに1日をスタートできます。

万が一、この先生とは合わないな…という先生がいても、非表示機能があるので、もうその先生とは当たらないように、予約画面から消しておくことも可能です。細かいところまで配慮が行き届いています。

オンライン英会話の継続1か月で得られた効果

自信を持って話せるようになった

英語のオンライン会議で、これまでより自信を持って話せるようになりました。それまでは、小さい声でぽそぽそ話していたんですが。毎朝英語を使っているので、英語で話す自分に慣れてきて。まあ伝わるだろう、と言うちょっとした安心感が生まれるんですよね。その安心感が、小さな自信につながるんだと思います。

英語表現を相談できる人ができた

何か困ったときに相談できる人が増えました。英語の表現で困った時、その都度、上司に質問ってしにくいんですよね。でもその日に困ったことをメモしておいて、翌朝先生に聞く、というサイクルを回せるように。これは、すごく良かったです。

Bizmates(ビズメイツ)の先生方は、さすがビジネス経験がある方ばかりですごく柔軟。「今日これから英語でオンライン会議があるんですけど、最初の司会進行のフレーズって?」「こんなケースで、こういう風に英語で伝えたいんですが、伝わりますかね?」など、その日の教材とは関係ないところで色々質問しても、しっかり答えてくださいます。

英語学習を続けようという気持ちになった

英語学習を続けようという気持ちを起こさせてくれました。英語学習って、なかなか続かなくないですか?もちろん、ちょっとやって辞めて、またやるというのも長い目で見ると継続なので、いいと思うのですが。

自分のために英語を続けようって気持ちになったんです。それはきっと、定期配信されるHikaさん(取締役)の動画の力だと思うのです。私は勝手にHikaさんのことを、オンライン英会話界の松岡修造だと思って尊敬しているのですが。

Hikaさんは「ただ英語力を上げることじゃない、世界が自分たちの活躍の場だということに気づけるような、マインドセットこそ大事だ」って仰ってるんです。なるほど確かにそうだなーと。きっと私はこの先も、細く長く、英語を続けていける気がします。

無料体験レッスンはとにかく受けてみて

オンライン英会話は、どこも無料体験をやっているので、まずは色々体験してみるといいと思います。私も他を経験したからこそ、Bizmates(ビズメイツ)の良さに気づけたというのもあります。

自分が何を得たいのか、得たい結果を最優先に選ぶといいのかなと思います。

「仕事ができるようになりたい!」人へのおすすめは、Bizmates(ビズメイツ)です。

↓↓ Bizmates(ビズメイツ)の公式Webサイトを見る ↓↓

https://www.bizmates.jp/