Kindleで電子書籍をセルフ出版する方法




Kindle電子書籍セルフ出版のメリット

無料で出版できる

個人で本を出版したいと思った時、費用が数十~数百万単位で掛かる自費出版はハードルが高いですよね。Kindle ダイレクト・パブリッシング(KDP)なら、電子書籍を無料でセルフ出版することができます。

認知度の高いAmazonプラットフォームを活用し販売できる

本屋さんに書籍を置いてもらう代わりに、Amazon のサイトで何百万人もの読者に販売できます。しかも、個人出版の電子書籍コーナーはこちらです、という括りではなく、一般書籍と平等に扱ってもらえます。

電子書籍を出版できる手段としては「楽天Kobo」も同じく有名です。私も買い物は楽天派(楽天ポイント目当て)ただ、本はAmazonなんですよね…。種類が多くて、インターフェースが使いやすい。何より、Kindleで既に電子書籍を買ってしまっている。スイッチング・コストを鑑みてKindleに傾きました。

出版後の加筆修正が反映できる

電子書籍を出版した後に、間違いを見つけて修正したり、コンテンツを加筆したり、アップデートを行った場合に反映することが可能です。

私も出版後、気になる文字の言い回しを修正。写真やグラフを追加したり、コンテンツをより充実させるために加筆。何度かアップデートしています。(ただし、既に購入済みの読者は自身でアップデートが必要)

最大70%の高いロイヤリティ

電子書籍が売れると価格の35~70%が印税として著者の銀行口座に振り込まれます。この最大70%のロイヤリティというのは魅力的ですね。印税の違いは、Amazon以外のサイトで販売するかどうか。Amazon専売の場合はそのロイヤリティが最大になります。

さらに、電子書籍が実際に購入されなくても、無料でダウンロードされて読まれたページ数に応じてロイヤリティが支払われる仕組みがあります。購入されないのにどうやって読まれたページが分かるのかと言うと、KDPにログインすると常にレポートに「販売数」と同時に「KENP」としてグラフ化されます。

任意の期間(最長7日間)で、電子書籍をキャンペーン価格で配布できる「Kindle Countdown Deals」を設定することができるのですが、その後に「KENP」が増えたりします。

専用タブレットなしで、誰でも気軽に読める

なお、Amazonが販売している端末「Amazon Kindle(アマゾン・キンドル)」は有名ですが、Kindle ダイレクト・パブリッシング(KDP)の電子書籍はキンドルを持っていなくても、Kindle無料アプリを使って、パソコン、スマートフォン、タブレットなどで読むことができますよ。

今回は、2017年に自身が電子書籍を個人で出版した経験をもとに、その工程を簡単にご紹介していきたいと思います。

コンテンツ(原稿・表紙)を用意する

原稿の作成方法

Kindle ダイレクト・パブリッシング(KDP)でサポートされている電子書籍のファイル形式はいくつかあるのですが、仕事で使い慣れているWordで原稿を執筆することにしました。

Wordのアウトライン機能は、構成を練るのが苦手な私にとってはすごく便利でした。見出しが階層で表示され、かつ文章の折りたたみや入れ替えが簡単にできるので、ああでもない、こうでもない…と迷っても、全体を俯瞰しながら書いていくことができました。Wordで目次を作成するのも一瞬でできます。

Wordのアプリがあるので、iPhoneユーザーの私は休みの日にPCでまとめて原稿を書いて、通勤時間に原稿校正をする、というスタイルで執筆していました。

電子書籍に求められる文字数

商業出版(本の制作費を出版社が負担すること)の書籍の文字数は一般的に10万字と言われています。しかし、電子書籍の文字数については正解がなかったので悩みました。

「スキマ時間に読む人が多いので手軽に読み切れる文章量が良い」

「1万字以下だと物足りなさを感じる」

等々のコメントを読んで1万字以上を目指して執筆することに。最終的に出版した電子書籍の文字数は約13,000字になりました。

表紙デザインについて

IllustratorとPhotoshopを使って自分でデザインしましたが、Kindle ダイレクト・パブリッシング(KDP)の表紙画像の作成で定められているファイル形式(JPEG/TIFF)、表紙ファイルのサイズ(縦2,560 x 横1,600ピクセル)などのガイドラインを満たせば、作成方法はどんなペイントソフトでも大丈夫です。

フリーランスでデザインをされている方も沢山いらっしゃるので、プロにお願いすると素敵な仕上がりになると思います。

出版の手続きをする

アカウント登録と設定

まず、Kindle ダイレクト・パブリッシング(KDP)にアカウント登録し、マイアカウントから「個人用プロファイル」「支払い情報および銀行口座」「税に関する情報」を入力します。「税に関する情報」は、こちらの税に関する情報の登録方法を参考にさせていただきました。

本の詳細とコンテンツの設定

大きく分けて「本の詳細」「本のコンテンツ」「本の価格設定」の3段階があります。「本の詳細」では、タイトルや著者名、Amazonの書籍ページで表示される本の内容紹介、検索キーワードなどを設定します。

「本のコンテンツ」では、原稿をアップロードし、それぞれの端末での表示を確認できます。全ての端末で最適化は難しく、私は早々に完璧なレイアウトからは撤退しました…。

価格の設定

本の価格もまた、悩んだことのひとつです。商業出版のように目安となる文字数と金額のようなものはなく、著者によって多種多様。ただ、電子書籍は概ね500円以下で(500円以上だと文庫本など商業出版の書籍と比較検討されることに…)、ほとんどが「99円または250円」ということが分かりました。

自身の電子書籍の場合、経験をお伝えする観点からターゲットの限られるニッチな分野であることや、個人情報が多く入っていることを加味して、安価さでもって沢山の方に読んでもらうというよりは、この内容なら読んでみたいと思ってくださる方へ届けたいと、少し高めの金額にさせていただきました。カフェでコーヒーを一杯楽しむくらいの価格、1冊320円です。

 

なお、ロイヤリティは35%と70%の2択です。ロイヤリティオプションをよく読んで目的に応じて決めると良いと思います。

「本の価格設定」が完了したら、「出版する」ボタンを押すと最大72時間で本がAmazonで購入可能になります。私は初めての出版だったので、いよいよという段階になって「本当にこのまま出版してもいいのだろうか」とボタンを押す手が震え、1週間もこの「出版する」ボタンが押せませんでした…。

以上、初心者の手作りの出版過程ですが、ご参考になれば幸いです。

Amazon電子書籍でご購入いただけます
『夢を叶えるパラレルキャリア』

好きな仕事に就いている人が、世の中に一体どのくらいいるのだろう、と考えたことがあります。私自身、子どもの頃からやりたいことがありましたが、それを仕事にすることができませんでした。
私の夢は、ナレーターになることでした。就いた仕事は、会社員です。そして今、機械メーカーの販促・広報担当として働きながら、休日はフリーのナレーターとして活動しています。そんな「パラレルキャリア」について書かせていただいた本です。